第40回本庄経営スクールの申し込み容姿はこちらからダウンロードしてください

title-about

「戮力協心」~今こそ心をひとつに~

 本庄YEGは今年で37年目を迎え、現在110名ものメンバーが在籍していますが、毎年10名前後の諸先輩方がご卒業されていきます。その中での課題の一つとして、YEGに入会していても地域貢献を通しての交流や学びの楽しさが伝えきれず、例会事業の参加率が低い事が上げられます。
私自身、平成26年度に入会し本年度で青年部活動6年目を迎えます。入会当初、事業を始めたばかりで右も左も分からなかった私を、本庄商工会議所や諸先輩方をはじめとするYEGメンバーの皆様は温かく迎え入れてくれました。先輩方の考えた例会事業活動を通し、様々な経験と学び、メンバーとのご縁を頂いたからこそ、現在の自分があるのだと強く深く感謝しております。
これまで諸先輩方が築きあげてこられた本庄YEGに敬意を表し、今年度からは意欲ある新入会員の拡大(事業参加に繋がる魅力やメリットを伝えながらの勧誘)、新入会員やスリープ会員へのウェルカムな体制(積極的にコミュニケーションをとる)を整えつつ、「変えてはいけないもの」「変えなくてはならないもの」を見極め、本庄YEGの未来を見据えた活動を目指していきます。

 今年度は、埼玉県商工会議所青年部連合会(埼青連)の主管地となり、埼青連の2大事業でもある「研修と交流の集い 本庄大会」が開催されます。14年に一度となるこの激動の一年を乗り越えるために、スローガンに掲げた戮力協心が求められます。戮力協心とは全員の力を集結し、心を乱さず調和をはかることを意味します。この言葉の意味のように、私たちも役割分担や助け合いの中で、強い絆で結ばれていき、一つ一つの課題を解決していくことを目指します。そして本庄の歴史や魅力、情熱を盛り込んで、県内13単会からお越しいただくYEGメンバーをおもてなしの心でお招きいたします。

今年度は平成から新たな元号に変わる初年度の年となります。新たな取り組みとして開催する合同委員会の中でメンバーの事業紹介を行い、一委員会の輪を越えた交流やメンバー同士の距離を縮める会議を試みます。また、委員会や例会を開催していく中で、私自らが積極的に行動し、お互いの個性や立場を尊重し本庄YEGメンバーが一丸となるための雰囲気作りを目指していきます。
各委員会の個性や考えを活かして、笑顔で楽しい前向きな会議をし、失敗を恐れず果敢に挑戦し、思い切って取り組んでいただきたいと思います。

結びになりますが、本庄YEGの会長という貴重な経験の機会をいただいたことに感謝し、未熟ではございますが、私自身が笑顔と元気なオープンマインドで一歩を踏み出し、成長させていただきながら全力をもって会長職に邁進する所存でございます。ご指導ご鞭撻を賜りながら尽力して参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。